春まきほうれん草 」カテゴリーアーカイブ

春まきほうれん草

春まきほうれん草

ほうれん草は酸性土壌を嫌います。そのため種まき前に土壌を中和させておく必要があります。年間を通して種まきができますが、高温に弱いため、夏は避け、春まきや秋まきにするのが一般的です。

<用意するもの> 種、苦土石灰や草木灰・牡蠣殻など、元肥

<種の種類>

沢山の種類が手に入りますが、春まきではとう立ちの遅い晩抽性の品種を選ぶとよい。春まきには東洋種よりもトウ立ちしにくい西洋種が作りやすいです。

<土づくり>

ほうれん草は耐湿性が弱い性質があるので、水はけのよい畑を選びます。まず、種まきの二週間前くらいに土壌を中和させておきます(ph=6.5~8.0)。1㎡当たり一握り(150~200g)の苦土石灰、草木灰、牡蠣殻などを畑および菜園全面にまき、よく耕しておきます。1週間前、完熟堆肥2kgと化成肥料80g~100gを施し、丁寧に土に混ぜます。幅60cmのうねを作り、表面をよくならしておきます。

<種まき>

発芽の適温は15~20℃です。  春まきほうれん草 うねに深さ1cmほどの溝を2、3本つくってたっぷりと水をまいてから、種をまき、軽く土をかぶせます。ばら撒きでも発芽します。

タネまき後、3~4日で発芽します。タネまき後7~10日で双葉が開き、本葉が見えはじめたら、3~4cm間隔になるように間引きます。株間3cmあればホウレンソウは十分に収穫できますが、ひと株を大株に育てるなら、ひと株5~6cm間隔になるように間引くと大きく仕上がります。

<間引き・追肥>

【送料無料/新品】 DNH20 デジタル名刺ホルダー DNH20(1セット):楽天24デジタル名刺ホルダー ホワイト サンペレグリノ ホワイト 「ピットレック」 ホワイト 「ピットレック」 デジタル名刺ホルダー間引き後、土寄せし、液体肥料を水で500倍に薄めて、1週間毎に与えます。2回目の追肥は、土寄せを兼ねて、タネまき後21日目頃、草丈8~10cmの頃を目安に、同様に液体肥料を与えます。

草丈が20~25cmになったら収穫します。

<病気・害虫>

病気:萎凋病、べと病、炭そ病

害虫:ヨトウムシ